カテゴリー別アーカイブ: 恋愛の心理

ギャップでくすぐる恋愛心理

男性は、女性のギャップに魅力を感じると、よく言われますね。
女性が男性にギャップをアピールするには、どんな方法があるのでしょう。
たとえば、普段からドライでしっかりした雰囲気の女性は、ストレートに「どうしても会いたい」と言ってみてはどうでしょうか。
普段のキャラクターとのギャップで、男性の恋愛心理はすごーく刺激されます! 普段、しっかりしている人ほど、強がっているのかな、ほんとうは繊細なんじゃないかな、なんて思われていたりして。
だからこそ、不意に甘えられたら、男性はその女性を支えてあげたい、守ってあげたい、とあなたのところにまっしぐら。
自分の普段のキャラクターとのギャップをうまく利用して、ここぞというときに男性の気持ちをガッチリ掴んじゃいましょう。
また、ちょっとめんどくさがりで、普段、メールのやり取りなどであまり絵文字などを使わない女性。
連絡は用事があるときにしかしない、というより、用事も無いのに何をメールしていいか分からないという女性も意外と多いのでは。
意識的に、メールに一つでも二つでも、絵文字などを入れてみてください。
また、職場の男性との距離を近づけたいときも、お仕事のメールとは違った、かわいい、女性らしいメールができるといいですね。
そうすると、仕事のときとのギャップで、男性の恋愛心理がグラっとくるかも。
ギャップについついやられてしまうという恋愛心理をうまく利用して、気になる男性ともっともっと近づきましょう!

SNSの作法に見る恋愛心理

多くの人が利用しているfacebookなどのSNS。
気になる男性と距離を縮めたいときに、有効活用するにはどうしたらよいのでしょう。
利用者の多いfacebookでは、名前で検索して友達リクエストを出すことができます。
たとえば、合コンなどで一度会っただけの男性を検索して、友達リクエストを出すのはどうでしょう?実は、自分の名前を検索されているということ自体が、ちょっと気持ち悪いと思ってしまう人も多いみたいです。
できれば、会話の途中で「fbやってる?」などと話題を出しておいて、伏線を張っておきましょう。
また、職場の同僚などで以前から親交がある相手の場合は、飲み会などで、「fbやってる?どれ?」などと、さりげなくその場で申請を出してしまうのもあっさりしていていいかも。
そして、いざ、お友達リストに加えてもらったら、近況アップデートなどは、彼が目にすることを意識して更新していきましょう。
たとえば、「今日、うちの近くの公園の桜が咲きました、かわいい?」なんて、些細なことでも、女子力高めにかわいらしく載せて。
男性は、感受性の豊かな、かわいらしい人としてあなたを認識し、恋愛心理をくすぐられるはずです。
また、「いつまで咲いていてくれるかな?」なんて疑問形で終わると、相手もコメントをつけやすいですね。
もちろん、写真もいっしょにアップロードしたほうが、相手も「いいね!」しやすいですし、視覚的に印象付けることができます。
彼からの「いいね!」がもらえたら、自分の活力になりますし、彼が興味を示す話題を見つけることができます。
恋愛心理を意識して上手に利用していきましょう!

初めてのお酒の席での恋愛心理

気になる人と初めて二人きりでお酒を飲むことになったら・・・。
男性の恋愛心理を刺激して、二人の関係性を発展させるために、知っておくと役に立つポイントが幾つかあるんですよ。
たとえば、お店に入ってから、何を頼むか。
お酒が飲めないのに、無理にお酒をオーダーする必要はありません。
楽しくないし、相手にも結果的に迷惑をかけてしまうかもしれませんからね。
ポイントは、相手と同じテンションでいること。
飲みのスタートから沈痛な面持ちで「飲めなくて・・・」と言われたら、相手もテンションが下がってしまいますよ。
「ごめんなさいお酒飲めない!コーラ!!」ぐらいのハイテンションでさらっとソフトドリンクを頼んでしまえばOK。
また、その店にしかない珍しいソフトドリンクを目ざとくチェック、「これなんだろ?美味しそう!」と盛り上げておいてオーダーすれば、ドリンクが出てきてからの話題も広がります。
また、お店に入ってから、最初の飲み物を頼むまでは、あまり時間をかけすぎないほうが良いかもしれません。
お酒の席では、とにかく飲み物が揃って、乾杯をしないことには話が始まらないもの。
できるだけ迷わずに、ささっとオーダーするのがスマート。
男性は特に、女性に待たされることを嫌がるもの。
テキパキとオーダーをして、話をしやすい雰囲気を作り上げましょう。
お互いのペースを併せたほうが、男性もリラックスして打ち解けてくれます。
恋愛心理をうまく利用して二人の親密度をぐっと上げて、楽しい恋愛がはじめられたらいいですね。

初デートでの恋愛心理とは

気になる人と初めて、2人きりで食事をすることになったら。
2回目につなげるためにどんなことを意識すればよいのでしょうか。
待ち合わせは、関係性にもよりますが、みんなが携帯やスマホでナビを使いこなしている時代、お店集合のほうがスマートな場合もあるかもしれません。
また、お店に着いて、対面のテーブル席に通されたら、女性のほうを奥に座るよう促してくれる男性も多いですよね。
そんなときはお礼を言いつつ、スッと奥の席に座りましょう。
レディーファーストは遠慮せずに受けるのが、いい女のたしなみ。
また、相手の荷物を置いてあげるなど、気遣いを見せて、男性の恋愛心理をくすぐるのも忘れずに。
そして、カウンター席のお店だったら、相手と90度の角度で座れる角の席に座るのがベスト。
これは向かい合わせよりもリラックスでき、同時に同じ風景を共有することができるので、より親密になれるポジション。
相手とフランクな会話を楽しみたいなら、さりげなくこの位置取りで座れるといいですね。
また、横並びのカウンターに並んで座るのはできれば避けたいところ。
どうしても距離が近すぎてしまって、相手を必要以上に異性として意識してしまう、という恋愛心理への影響が。
どうしても、カウンターで横並びの席に通されたら、意識的に身体を斜めに向けて、相手の顔が見えるように座ってみましょう。
話もしやすくなりますし、男心をくすぐるかわいい仕草が、自然とできるようになりますよ。
恋愛心理を意識して、次につながる楽しい初デートを実現してくださいね。

愛される声ってどんな声?

話し方や、声のトーンは、コミュニケーションにおいて、相手に与える印象を大きく左右します。
当然、恋愛心理においても大切な要素になってきます。
話し方によって、相手の受け取り方がどのように異なるのか、どんな印象を相手に与えるのかを意識してコミュニケーションをとりたいもの。
たとえば、重要なことを伝えるとき、それこそ告白するときや、自分の想いを伝えるときは、ちょっと落ち着いたトーンで、ゆっくりはっきりしゃべったほうが良いそうですよ。
そのほうが、相手に信頼感を与えることができるのです。
また、落ち着いた声のトーンは、包容力や説得力、安心感という印象に結びつきます。
そして、明瞭な声は本能的に若さのあかしとして相手に印象付けられます。
人間は、無意識にそのような声に魅力を感じるようになっているんですね。
もちろん、若さやハツラツさを印象付けたいなら、高く、かわいい声を意識してみるなど、場面ごとに応用することもできます。
また、好感を持たれる話し方を身に着けるために、普段から気をつけておきたいのが、姿勢。
背筋を伸ばしていないと、透明感のある明瞭な声が出ません。
また、いつも笑顔で話すことも、基本中の基本ですが忘れてしまいがちなこと。
もう一度、意識してみてください。
そして、ふだんから、言葉の一文字、一文字を明瞭に発するよう、意識しておくのも良いかもしれませんね。
恋愛だけでなく、すべての人間関係にプラスになるはずですから、ぜひ実践してみてください。

恋愛心理をくすぐるお誘いの作法

彼をお出かけに連れ出したいとき、気になる人をデートに誘いたいとき、おぼえておくと役に立つ、ちょっとしたコツがあります。
例えば「映画見に行く?」あなたが問いかけたら、彼の答えは当然「行く」か「行かない」かのどちらかですよね。
でも、「映画、来週の土曜日か日曜日のどっちがいい?」と問いかけてみてください。
こうすると、映画を見に行くということはいつの間にか前提になり、いつ行くのかという問題にすり替わってしまうのですね。
優柔不断な彼氏や、いまひとつ態度のはっきりしない相手には有効なやり方かもしれません。
勇気を出して彼をデートに誘ってみましょう。
これは、心理学的にはダブルバインドと呼ばれ、二者択一的な状況に相手を置きつつ、どちらを選んでもよい結果となるようにするというものです。
この方法を応用して、男性の心理を巧みに誘導してあげましょう。
また、行くことを前提にしてしまうという意味では、「○○も行くよね?」という誘い方もいいかもしれませんね。
誘われたほうも、さりげなく行く事を当たりまえに思われていると感じると、誘いに乗りやすいという側面もあります。
このように誘うときの表現ひとつで、相手の捉え方は結構変わってくるのですね。
あまり深く考えさせず、無邪気に誘う事によって一度ぐらいはいいか、と相手に思ってもらえるといいですね。
いずれにしろ、 誘うときには積極的に笑顔を心がけましょう。
断られてもめげずに何度も挑戦しましょうね!必ず、いつかOKしてくれるはずですよ。